子供英語 英語の表現

「How are you?」と聞かれたら?「I’m fine, thanks. And you?」以外の表現も使いこなそう!英語のあいさつ

投稿日:

How are you?と聞かれたら?

バレッタ英会話教室の子供英語では、子供たちにまずあいさつを教えます。

How are you?

I’m fine, thanks. And you?

これは、学校で習う模範会話ですね。

でも、いつも同じでなく、他の表現もたくさんあるので、その都度いろいろな英語で返すよう練習します。

だって、毎回、fineじゃないですものね。

I'mは、省略してもいいですが、子供たちはセンテンスで言うようにしています。

気分が、最高の時!

I’m great.

Great!

I’m excellent.

Excellent!

かなり良いよ!とても元気よ!

I’m pretty good.

Pretty good.

I’m quite well.

元気よ!調子いいよ!

I'm fine.

I'm good.

Good!

まあまあよ。

I'm not bad.

Not bad.

I’m okay.

I’m OK.

I’m all right.

All right!

So-so.

調子が良くない時。

I’m not so good.

Not so good.

I’m horrible.

I'm terrible.

I'm hungry.

I'm sleepy.

I'm tired.

I’m exhausted

I'm sick.

And you?以外に聞き返す表現

相手の挨拶に答えたら忘れずに聞き返しましょう!

And you?

How about you?

What about you?

And yourself?

英語のあいさつについて

ネイティブの間では、「How are you?」の質問が、「Hello!」と同じような感じでよく使われるので、「How are you?」と聞かれた時にいろいろな答え方ができるようになってほしいです。

How are you doing?のあいさつは、まだ教えていません。

How are you doingで聞かれた時の返答は、次のようになります。

How are you doing?

I’m doing great!

How are you doing?は、How are you?より、少しカジュアルです。

また、答え方が変わってきて、子供たちは混乱するのでHow are you?のあいさつで、いろいろな返答がすばやくできるようになってからです。

What’s up?は、もっとカジュアルです。

What’s up?って聞かれた時、特に何もないよ!と答える時は、Nothing special.と答えます。

これは、カジュアルだから目上の人には使わないけれど、友達同士で使いましょうと教えています。

What’s up?

Nothing special.

So-so.について。

子供たちに、How are you?と聞かれた時に、「まぁまぁ」とニュアンスでを教えると、日本人は、「まぁまぁ」と返答する方が多いのか、いつも「So-so.」を使いたがります。

でも、ネイティブは、How are you?の返答で、あまり使わないですし、目上の方に元気ですか?と聞かれては「まぁまぁ」、ちょっと失礼な感じなので友達同士以外は、言わないように教えています。

Great!やExcellent!について。

また、ネイティブは、そんなに最高!でなくてもGreat!とかExcellent!と軽い感覚で言いますが、日本人の子供たち、とても控えめなのか?子供たちは、ほとんど使いません。

それは、「最高」と言う日本語に直訳してしまって、使いそびれるのか、Great!やExcellent!を使うのは大げさかと、ちょっと遠慮してしまうのかな?と思ってしまいます。

-子供英語, 英語の表現

Copyright© 神戸市東灘区のバレッタ英会話!教室阪急岡本駅・JR摂津本山駅 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.