レッスン内容

独自の5ステップス指導法

5ステップス指導法は、子供たちが英語を「ことば」として習得していただくための最適な英語教授法です。
赤ちゃんがお母さんからことばを自然に学んでいくように、「聞く」「まねる」「話す」「読む」「書く」の順で、言語習得過程に沿って進んでいきます。
無理なく学習しますので、英語ぎらいをつくりません。

まずは英文を見ないで「聞く」ことから始めます。これは小学生も中学生も同じです。ステップワールド独自の音声・映像一体型教材で、たくさんの英語をシャワーのように子供たちに浴びせて、英語独特の「音」「リズム」がしみ込むようにします。

ステップ1で、インプットされた単語や文を口に出していきます。何度もまねしてみることで英語の正しい「リズム」や単語・文をしっかり覚えていきます。まだこの時は、英文を見ません。英語耳を鍛えていきます。

ステップ2までで覚えた単語や文を使って、お友だちや先生が話すのを聞いたり、「自分の思い」を表現します。インプットした英語を実際に話して使ってみるのです。

意味がわからないまま、単に文字を書き写すのではなく、「読める単語を書く」ことからはじめます。音と文字が頭の中で一致していることが大事です。書くことは一番最後です。

聞いて話して読めるようになったら、書きます。最後に書くときは、音と文字が一致していて、英語の頭になります。分からないまま文字学習を始めてしまうと、英語嫌いを招くことにもなります。書くことは復習です。

音声・映像一体型のDVDシステム

独自の5ステップス指導法

30年以上にわたり培ってきた旺文社LL教室の教材カリキュラム、映像教材、ベテラン講師が実践してきた指導マニュアルなどのノウハウを集約し大幅に改良されています。

音声・映像一体型のDVDシステムを中心とした新しいシステムに生まれ変わりました。DVDシステムによる様々なヴァーチャル体験により、充実したフォニックス学習が可能です。

また「英検」などを通して学習成果が確かな形で残ることを念頭に置き各教室でレッスンをおこなっています。

バレッタ英会話教室の子供英語は「楽しくってしかたがない!」しかも「英語の本当の実力がつく!」を目指しています。

フォニックス学習

フォニックス学習は、子供英語には必須です。

小学生で初めて英語を勉強する子供たちだけでなく、中学生でも、フォニックス学習をしてきていなかった生徒さんたちは、フォニックス学習を徹底的にします。

フォニックスは英語のスペルと実際の発音を結びつけて学習する方法です。結びつきのルールを学ぶことで、楽しく英語の読み書きができるようになります。

このフォニックス学習をすることなしで英語力はつきません。


投稿日:2017-08-11 更新日:

Copyright© 神戸市東灘区のバレッタ英会話!教室阪急岡本駅・JR摂津本山駅 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.